お気に入り予想家

予想家をお気に入り登録すると、このリストに表示されます。お気に入り登録をするには有料会員登録が必要です。

ハイブリッドTM

楽しむのが一番!

久光匡治TM

近1月
回収
101.3%
的中
40.0%
5/22(日)
東京 11R
優駿牝馬 GI
2400m 15:40 3歳オープン 定量
自由形

縦の視点

500 P

314,700円の払戻し

レース結果

1着 18 スターズオンアース 3人気
2着 2 スタニングローズ 10人気
3着 8 ナミュール 4人気
4着 15 ピンハイ 13人気
5着 16 プレサージュリフト 8人気
6着 4 ルージュエヴァイユ 5人気
7着 3 アートハウス 2人気
8着 17 ニシノラブウインク 14人気
9着 9 エリカヴィータ 6人気
10着 11 ベルクレスタ 9人気
11着 12 ライラック 12人気
12着 6 サークルオブライフ 1人気
13着 1 ウォーターナビレラ 7人気
14着 14 シーグラス 16人気
15着 10 ラブパイロー 17人気
16着 13 パーソナルハイ 11人気
17着 7 ホウオウバニラ 15人気
競除 5 サウンドビバーチェ

払戻金

単勝 18 650円
複勝 18 230円
2 730円
8 340円
枠連 1-8 1,420円
馬連 2-18 8,150円
ワイド 2-18 2,890円
8-18 1,210円
2-8 3,850円
馬単 18-2 12,750円
3連複 2-8-18 19,360円
3連単 18-2-8 119,010円
単勝 通常
18
10,000円
1点 計 10,000円

10,000円×6.5倍=65,000円的中

馬連 ながし
18
相手
6
5,000円×1点 計 5,000円
馬連 ながし
18
相手
12
2,000円×2点 計 4,000円

2,000円×81.5倍=163,000円的中

ワイド ながし
18
相手
12
3,000円×2点 計 6,000円

3,000円×28.9倍=86,700円的中

3連複 フォーメーション
馬1
18
馬2
126
馬3
1269111216
1,000円×15点 計 15,000円
合計点数 21点
合計購入金額 40,000円
返還金額 0円
払戻金額 314,700円
収支 +274,700円

コメント(1372文字)

本命は桜花賞に続きスターズオンアース。実はワタクシ、グリーンチャンネルで行われている『炎の十番勝負』なる勝ち馬予想ゲームにて、このスターズオンアースをオークスの勝ち馬に指名している。寄稿が高松宮記念が始まる前なので、個人的にはその時期からこの舞台でこそと思っていた馬だったりするのだ。本命理由が『初志貫徹』なんて言うつもりはないが、そんな期待に応え?一足先に桜花賞を制したのには、多少の驚きと、ある種の確信を得たのは確か。熟考の末、桜花賞でも本命には推したが、結果からすれば、こちらの想像以上に走る手応えは掴めたと言って良い結果だった。

そんな桜花賞。ハッキリ言って枠の優劣は多分に出た競馬。VTRを見れば一目瞭然だが、上位に来たのは勝負所から内目を回った馬がほとんど。早い馬番の馬が上位を占めているのは成績の字面を見ても簡単に分かることだろう。だからこそ外枠から僅差にまで差し込んだサークルオブライフがオークスで見直されるのは当然であり、馬場も変われば距離も延び、更には枠番も変わる状況なら、素直に考えれば逆転の根拠としては十分と言えるだろう。

だがそれでも、本命はスターズオンアースなのだ。先述の桜花賞の精査はあくまで横から見る視点であり、この馬に関しては、縦でシッカリ馬を見てあげなくてはいけない。何せ桜花賞を勝つまでは単なる勝ち切れない1勝馬。常に僅差で良い競馬はしていたが、それでも3、2、2着と善戦マンの感は否めなかった。モタれたりと乗り難しい面が多分に影響していた訳だが、ハミの変更など、大一番へ陣営が手を尽くした結果、そんな悪癖を見せず、狭い所を割って最後も真一文字に抜け出していたウォーターナビレラを捕らえたのが桜花賞だ。7番人気という当時の低評価がフロック感を産んでいるかもしれないが、この馬に関しては馬場や枠のバイアスだけで勝った訳ではない。むしろ直線では馬体をぶつけながら抜け出している位で、自身も不利を受けながら勝ち切ったのだ。この単体での成長をハッキリ認識した上でオークスの予想をするべきなのである。

昔からオークスは適性云々が騒がれやすいレース。もちろん枠の優劣も予想ファクターの一つだろう。大外枠を引いたことで人気を下げるのも分かるし、距離に不安がない(と思われる)馬に人気が偏るのも経験から分かる。だが、過去を振り返る限りオークスでも最も大事なのは地力であり完成度。適性に不安を囁かれながら好走した実績馬は片手では足りないほどいる。当たり前の話、目下の充実を重要視すべきなのだ。

だからこそ進化を遂げたスターズオンアースを信頼する。冒頭の通り、元々オークス馬に指名していたほど適性に疑問は抱いていないし、一歩早くG1馬になったのは、自分の想像を上回る能力の証明。一見は不利な大外枠も、控える競馬で結果を出した桜花賞が必ずや糧になるはずで、大きな不安材料にはならない。むしろそのせいで人気を下げるなら美味しい材料くらいに思っている。

乱暴な言い方かもしれないが、もし『10回走れば10回違う結果』などと揶揄されるレベルなら、横の比較はそう意味を為さないだろう。そんな状況なら大事にするのは縦の視点であり、その縦視点で評価でき、今最上位にいるスターズオンアースの中心を揺るがす要素は見つからないのである。

\予想るなら

まずは無料会員登録

今だけ最大

600P+600P

ポイントプレゼント