お気に入り予想家

予想家をお気に入り登録すると、このリストに表示されます。お気に入り登録をするには有料会員登録が必要です。

ここぞの予想提供

安打製造機

那谷明弘TM

近1月
回収
19.3%
的中
22.2%
11/20(日)
阪神 11R
マイルチャンピオンS GI
1600m 15:40 3歳上オープン 定量
手広く

雨馬場なら!

100 P

レース結果

1着 10 セリフォス 6人気
2着 3 ダノンザキッド 8人気
3着 6 ソダシ 2人気
4着 11 ソウルラッシュ 5人気
5着 4 シュネルマイスター 1人気
6着 7 ジャスティンカフェ 7人気
7着 13 エアロロノア 11人気
8着 8 ロータスランド 15人気
9着 9 ピースオブエイト 12人気
10着 1 マテンロウオリオン 10人気
11着 15 ダノンスコーピオン 4人気
12着 2 ウインカーネリアン 9人気
13着 17 ファルコニア 13人気
14着 5 サリオス 3人気
15着 12 ホウオウアマゾン 14人気
16着 16 ハッピーアワー 16人気
17着 14 ベステンダンク 17人気

払戻金

単勝 10 920円
複勝 10 330円
3 520円
6 220円
枠連 2-5 1,410円
馬連 3-10 11,870円
ワイド 3-10 2,980円
6-10 1,170円
3-6 2,240円
馬単 10-3 19,920円
3連複 3-6-10 20,530円
3連単 10-3-6 142,650円
ワイド ボックス
71115
1,000円×3点 計 3,000円
3連複 フォーメーション
馬1
71115
馬2
471115
馬3
34567910111517
100円×40点 計 4,000円
合計点数 43点
合計購入金額 7,000円
返還金額 0円
払戻金額 0円
収支 -7,000円

コメント(1770文字)

先週のエリザベス女王杯は午前から降り続いた雨の影響で外枠有利の差し決着になりました。マイルCSはワンターンの外回りですが、今週も日曜は雨予報なので基本的に先週の傾向を踏まえて雨馬場の適性と外目の枠が有利と考えています。

まず主な前哨戦のレベルを確認しておきます。分かりやすくするために富士Sに合わせてマイル通過時点の時計とレースの上がりを比較すると毎日王冠1分32秒3(34秒4)、富士S1分32秒0(34秒2)、府中牝馬S1分32秒7(34秒7)。馬場差はあまりないのでレベル的に順番に挙げた通りになります。もし、当日が晴れて良馬場なら毎日王冠から本命を選ぶべきですが、雨馬場前提なのでひと捻りしてみました。

◎ソウルラッシュの富士Sは陣営から“本番を見据えた仕上げ”と聞いていたのでケンしたわけですが、高速馬場と速い上がり勝負にも対応できたのは大きな収穫でした。勝ち馬セリフォスとは3キロ差、ダノンスコーピオンとは1キロ差なので評価すべきは2、3着馬の方です。2勝クラスからマイラーズCまでの3連勝はすべてやや重以上の馬場で近2年の高速馬場では切れ負けしそうですが、馬場が渋れば勝機はあると思います。「イメージ通りに良くなっている。状態に関しては何も不安がない」と陣営です。

〇ジャスティンカフェの前走は一旦は抜け出しながら、サリオスに出し抜けを食らった形でしたが、前哨戦としては文句なしの内容でした。3走前の湘南SはNHkマイルカップと同じ日で時計は1分32秒3と同タイム。上がりはダノンスコーピオン、マテンロオリオンを上回っています。エプソムCは4着に負けていますが、上がりは最速で凱旋門賞を連覇したエネイブルと同じくサドラーズウェルズのクロスを内包しているので道悪の適性はかなり高いはずです。

▲ダノンスコーピオンは先述したようにセリフォスとは2キロ差で0.1秒なので今回は先着する可能性が十分にあります。担当しているのは父ロードカナロアと同じ岩本助手です。血統的にも晩成で“本当に良くなるのは来年”とのことですが、成長途上で結果残してきたように3歳のマイラーではポテンシャルは一番。母レキシールー(北米の芝重賞3勝)の祖父はサドラーズウェルズで雨馬場もプラスになると考えました。

注 ソダシは1着から3着までがG1で好走している札幌記念組。マイルは阪神JF、桜花賞を含む4戦4勝で血統からは晴雨兼用のタイプです。ヴィクトリアMは1週前のNHKマイルカップとは0.1秒差で3歳馬の方が成長の度合いが大きいことや牡馬のG1級と初めて対戦することなどを考えると評価は4番手という微妙なものにならざるを得ません。一旦、抜け出したとしても何かに差されるというイメージです。

△シュネルマイスターはグランアレグリアと違ってスプリンターズSで負けての参戦が少し気になりますが、昨年は3歳で2着しているように舞台適性の高さは疑いようがありません。マイルでは【2.2.1.0】とパーフェクトでこれまた母系はサドラーズウェルズ系なので雨馬場にも対応できそうです。

△ダノンザキッドの父ジャスタウェイの産駒は勝利数上位の条件がダートと芝1800メートル。芝1600メートルの重賞では連対したことがないのがネックです。ただし、詰めの甘さが重馬場でいい方に出る可能性もあります。

△サリオスの毎日王冠は復活を印象づける内容でしたが、マイルCSは過去2年が5、6着。香港マイルや安田記念でも3着止まりでした。ここ2年くらいは右トモの状態を治療しながらで本調子になかったのは確かですが、重馬場の大阪杯と高松宮記念では見せ場なく敗れ去っています。雨がひどくなれば消すのもありでしょう。

ウインマリリンがエリ女で好走したようにスクリーンヒーロー産駒は時計のかかる馬場を得意にしています。ウインカーネリアンは母の勝ち鞍4勝すべて平坦で内枠を嫌って消して富士Sの内容に見所があったピースオブエイト、ここに来て地力強化しているファルコニアまでを押えとします。

ダイワメジャーは自身がマイルG1で3勝していますが、産駒は芝1600メートルの古馬混合G1で【0.1.2.34】と不振です。枠順を考慮してマテンロウオリオンは消してセリフォスを押えます。

\予想るなら

まずは無料会員登録

いまだけ!!

1000円分

ポイントプレゼント