お気に入り予想家

予想家をお気に入り登録すると、このリストに表示されます。お気に入り登録をするには有料会員登録が必要です。

ハイブリッドTM

楽しむのが一番!

久光匡治TM

近1月
回収
88.1%
的中
21.7%
7/25(日)
新潟 11R
アイビスサマーD GIII
1000m 15:45 3歳上オープン 別定
自由形

捲土重来

400 P

31,200円の払戻し

レース結果

1着 14 オールアットワンス 1人気
2着 12 ライオンボス 2人気
3着 1 バカラクイーン 14人気
4着 9 トキメキ 11人気
5着 7 グレイトゲイナー 6人気
5着 4 ジュランビル 9人気
7着 8 タマモメイトウ 4人気
8着 16 ルドラクシャ 13人気
9着 3 ヒロイックアゲン 10人気
10着 10 アルミューテン 12人気
11着 13 ビリーバー 7人気
12着 6 モントライゼ 3人気
13着 15 セピアノーツ 8人気
14着 2 モメチョッタ 15人気
15着 11 ロードエース 5人気
16着 5 リッチクレマチス 16人気
取消 17 ロジクライ

払戻金

単勝 14 410円
複勝 14 170円
12 200円
1 2,200円
枠連 6-7 540円
馬連 12-14 1,040円
ワイド 12-14 490円
1-14 10,470円
1-12 11,900円
馬単 14-12 1,960円
3連複 1-12-14 58,270円
3連単 14-12-1 220,340円
単勝 通常
12
10,000円
1点 計 10,000円
馬連 ながし
12
相手
614
3,000円×2点 計 6,000円

3,000円×10.4倍=31,200円的中

馬連 ながし
12
相手
37811
1,500円×4点 計 6,000円
合計点数 7点
合計購入金額 22,000円
返還金額 0円
払戻金額 31,200円
収支 +9,200円

コメント(779文字)

◎ライオンボスの巻き返し。春の新潟は福島の代替で連続開催、荒れた馬場状態は非常に特殊で、開催後半、道悪が得意で人気になり敗れたとある馬が、『あれはほとんどダート。道悪が上手いとはいえ、芝馬にはキツいよ』と敗因を分析する場面もあった。

元より外枠天国の千直。馬場傾向は更に拍車が掛かり、実際、ライオンボスが敗れた韋駄天Sは勝ったタマモメイトウ以外は全て二桁馬番の馬が掲示板を独占。タマモメイトウにしても、下げ切って早々に大外へ進路を取った津村騎手のファインプレーが光った勝利で、言わば奇襲が成功した形。ライオンボスのように『普通の』競馬をした内寄りの馬は、条件戦でもまるで競馬にならなかったのが先の新潟開催だ。

加えて、ハンデ戦で58キロを背負ったライオンボスは次に重いハンデの馬とは4キロもの斤量差がある状況。これは単純にキツい。様々分析すれば前走が実力でないことは明らかであり、別定戦、開幕馬場、外目の好枠と、これだけ揃えば巻き返しに期待するのは当然だろう。

更に思い返せば前走に関してはデキも良化途上。昨年ポリトラックで調整程度だった追い切りが、今年は直前もウッドで66秒台と攻められていた。これは評価できる見方もあるが、裏を返せば『まだ強い負荷が必要』とも解釈できる。道悪のダートを使った後で少し硬いとの評も陣営から耳にしていたが、結果的には間に合わせたい気持ちの表れだったのだろう。その点、今回は直前はポリトラックで昨年同様軽目の調整。これならば『間に合っている』の判断でOKなはずだ。



メンバーは戦前から言われているようにかなり手薄。純然たるオープン馬は6頭しかいない。未知の3歳馬との対戦が考え所にはなるが、連対こそあれ、なかなかポッと出の3歳馬が勝てるレースではないことは歴史も証明しており、ここは貫禄を示してくれると期待している。